Zoom Mania blog

いろいろZoomを導入した経験から、役に立てるZoomの使い方を紹介するブログでしたが、IT関係の役に立てる記事を公開するブログに変わりつつある昨今です。

超簡単AWSサーバ構築法 …ドメイン取得&関連付け手順 (授業編)

どうも、平島です。ドメインって取ったことあります?

 

前回、授業用にぶっ壊れても大丈夫なAWSAmazon Web Services)のEC2でWebサーバを構築しました。今回は、このサーバにドメインを関連付けたく思います。

 

ドメインってのは、「~~.com」のような、よく見るサーバの名前ですね。ネット上のコンピュータの住所を現わす「IPアドレス」と紐づいています。通常ドメインを購入するためにお金が必要なのですが、今回は授業用に無料のドメインを取得して、前回作ったサーバに関連付けてみましょう。そして最終的に、ドメイン名でブラウザにアクセスできるまでをゴールとします!

 

AWSとかサーバ構築とか勉強したい人など、どなたかの役にも立てればいいな。

 

f:id:Daishiro:20200914235459p:plain

 

 1.ドメインの購入

まずは、ドメインを購入しましょう。購入といっても世の中、無料で提供されているドメインもありますので、今回の授業では ~.tkドメインというものを使います。

 

~.jp のドメインは日本ですよね。それじゃ、tkは?というと、ニュージーランドの領土であるトケラウだそうで、ここらしいです。太平洋のど真ん中ですね。南国ですね。

 

f:id:Daishiro:20200915000442p:plain

 

まず、dot.tk にアクセスします。ログインから開始しますので、別途ユーザは取得しておきましょう。デザインで背景がもろかぶりで見えづらいところがちょっと難点。

f:id:Daishiro:20200915001137p:plain

 

ログインしましょう。

f:id:Daishiro:20200915001255p:plain

 

新しくドメインを取得するメニューです。

f:id:Daishiro:20200915001347p:plain

 

なんでも好きな名前のドメインをチェックしてみましょう。ここでは「lecture-server」と入力しました。

f:id:Daishiro:20200915001500p:plain

 

無料なんですが、チェックして決済までの一連の流れがあります。選択しましょう。

f:id:Daishiro:20200915001630p:plain

 

選択されたので、チェックアウトですね。

f:id:Daishiro:20200915001655p:plain

 

この時点で、DNSレコードを設定できます。設定しちゃいましょう。

f:id:Daishiro:20200915001823p:plain

 

該当の個所に、IPアドレスを入力します。ここでは、lecture-server.tk と www.lecture-server.tk という2つのドメイン名について、EC2の同じIPアドレスを関連付けています。

 

f:id:Daishiro:20200915001836p:plain

 

そして、注文完了で!

f:id:Daishiro:20200915001915p:plain

 

 2.レコードの設定確認 

見事、注文が受け付けられました。この流れで、正しくレコードが設定されているか確認をしてみましょう。

f:id:Daishiro:20200915001958p:plain

 

管理画面に行きましょう。

f:id:Daishiro:20200915002123p:plain

 

なんだかたどり着くまで深いなぁ。

f:id:Daishiro:20200915002149p:plain

 

はい、ちゃんと登録されています。Aレコードであって、TTLが300ということは、だいたい5分ごとにインターネット上のDNSレコードがリフレッシュされてコピーされるということです。

f:id:Daishiro:20200915002243p:plain

 

 3.端末上でのDNSレコードの確認 

 自分の端末の中で、lecture-server.tk が正しくIPアドレスに変換できるようになったか、確認してみましょう。Windows上でコマンドプロンプトを開いて、

> nslookup lecture-server.tk

と打ってみます。どうでしょう!?

f:id:Daishiro:20200915003325p:plain

あれぇ、、まだですね。

 

自分の近くのDNSサーバに届いているのが遅いのかなぁと思う場合は、DNSレコードの問い合わせ先を変更することが可能です。

例えば、GoogleDNSに変更する場合には、こんなかんじです。

> nslookup

> server 8.8.8.8

> lecture-server.tk

nslookup内での対話式の中では、server という文字列の後に指定することで、特定のDNSに問い合わせを投げることが可能です。さて、どうでしょう。

f:id:Daishiro:20200915003607p:plain

ダメだ、全然。

 

ここで、心を落ち着けて、ゆっくり10かぞえて、再度コマンドを実行します。

f:id:Daishiro:20200915003737p:plain

お、うまく行きましたね。

 

自分の端末でも問題ないかな?再度コマンドを投げてみましょう。

> nslookup lecture-server.tk

f:id:Daishiro:20200915003911p:plain

おお!無事に解決されましたね!

 

ということで、端末上でもDNSレコードが正しく確認することが出来ました。

 

 4.Webサーバの自動起動と、lecture-server.tk でのアクセス確認

DNSについては無事確保できましたので、EC2サーバでWebサーバを起動して、接続確認を行いましょう。

まずは、前回ではApacheをインストールしたものの、自動起動を行えていなかったので、このタイミングで自動起動の設定を入れて起きたく思います。

# systemctl start httpd && systemctl enable httpd

2つのコマンドをつなげていますが、前者がサービス起動で、後者がサービスの自動起動を設定したものですね。

f:id:Daishiro:20200915004343p:plain

 

ちゃんと自動起動が設定できているかは、以下のコマンドで確かめられます。

# systemctl is-enabled httpd

f:id:Daishiro:20200915004429p:plain

enabledの文字列が見当たりますので、無事設定できていますね。

 

それでは、WebサーバのApacheも起動しましたので、「lecture-server.tk」とブラウザのアドレス欄に入れ込んで、エンターを押してみましょうか。

f:id:Daishiro:20200915004537p:plain

おおおお!さっき取得したドメイン名で、前回作成していた「Hello World!!」が見えますよ!

当然ですが、ドメインを取得できましたので、PCだけでなく手元のスマホでも、会社の端末からでも海外からでも、同じく、「lecture-server.tk」と入力することでこのサイトを見ることができます。インターネットって、素晴らしいですね。DNSの分散管理万歳。

 

なお、新しいドメインの取得は、日本ではメジャーなところとしてお名前ドットコムなどがありますが、ドメインの購入手順は大まか同じです。ご安心くださいね。

 

まとめ

ということで、今回は「超簡単AWSサーバ構築法 …ドメイン取得&関連付け手順 (授業編)」をご紹介しました。

 

次回こそは、Let's Encryptを使ってSSLの設置をやります。もっと知りたいって方は気軽に何でもお尋ねくださいね。